院長ブログ

2013年7月 8日 月曜日

どうにか

こんばんは
福岡県小郡市の歯科医院 ライフデンタルクリニック の下田です。


びまん性硬化性骨髄炎

この疾患に罹患した患者さんがいる。
ホントに良くなって欲しい。
まだ若い。
いろんな可能性がある。



すこしだけかもしれないけれど、良い方向に進みそうな気がする。




年頭より骨髄炎の診断を受けながら、なかなか病状が良い方向にむかわず、気を揉んでいた。

そして6月。
某大学病院から 顎骨切除&再建 との話。
当然、麻痺や顔貌の変化がでる。
しかたがないのかもしれないが、患者のQOLを考えると、納得がいかない。


どうにかならないものか。


『 旧友に相談だ 』


今はアメリカにいる歯科医師(中高の同級生でもある)にFBにてメールを送る。



すぐに返信があった。

それから
何度かのメールのやりとりの後、

その骨髄炎を患っている患者さんを 別の大学病院 へ紹介する。




さきほど、その患者さんからTEL


とりあえず、顎骨切除は最終手段だと考えて、
それ以外の治療方法でアプローチする、とのこと。


泣きそうなくらいホッとした、なぜか私が。



今後の展開はどうなるか分からないが、
どうにかその骨髄炎が完治し、患者のQOLが保たれることを切望する。






アメリカの友人や、
その先で相談に乗ってくれたであろう先生方(誰だか分かりませんが・・・)

本当にありがとうございます。




投稿者 ライフデンタルクリニック

福岡県小郡市の歯科医院なら、ライフデンタルクリニックまで 当院までのアクセスはこちら